TOP おしごと 独立したけど仕事がない!一人親方がすべき仕事をもらう3つの方法を紹介!

独立したけど仕事がない!一人親方がすべき仕事をもらう3つの方法を紹介!

2022年1月5日更新

記事をシェアする

下積み時代に手に職をつけて独立したけど、定常的に仕事がもらえないという一人親方は多く、仕事がない状況は一人親方にとって大きな死活問題です。会社や組織に所属しているときは営業や親方が仕事をとってきてくれるので、目の前の仕事をこなすだけでも問題はなかったかもしれませんが、一人親方として独立した場合は自分で仕事を獲得する必要があります。

助太刀では条件に合った
ぴったりの職人や工事会社と出会える!

無料で使える!まずはアプリをダウンロード
各ストア「助太刀」で検索!

条件に合ったぴったりの職人や
工事会社と出会えるアプリ

無料で使える!
まずはアプリをダウンロード

App Store Google Play

一人親方の仕事のもらい方

この記事では、独立したばかりでまだまだ仕事が足りない一人親方に向けて、仕事をもらう3つの方法を簡単に紹介します。

営業をする

どの仕事においても共通して言えることですが、まずは営業をかけていくことが基本です。営業にはさまざまな手段がありますが、主な営業方法は以下になります。

・以前所属していた会社や組織から仕事をもらう
・以前所属していた会社や組織で築いた人脈から仕事をもらう
・異業種交流会に参加する
・自ら建設会社を調べて飛び込み営業をする
・各建設会社のホームページから問い合わせる

仕事を増やすためには、とにかく人脈が重要です。さまざまな手段を使って人脈を広げ、仕事の獲得につなげていきましょう。

インターネットで職人の募集をしている元請業者を検索する

インターネットを利用して職人の募集をしている元請業者を探すのも1つの手です。インターネットで元請業者を検索する際は以下の手順で進めましょう。

・建設会社を検索する

まずは、建設会社を検索するところから始めます。この際に、自分が活動できるエリアや自分の職種に絞って検索すると、効率的に探せます。検索で出てきた建設会社のホームページを複数ピックアップしておきましょう。

・職人募集ページから応募する

建設会社のホームページを見ると、「職人募集」ページが出ている場合があります。自分に合った職種の募集をしている会社を探し、問い合わせしてみましょう。

・返信があった会社とのやりとり

ホームページから問い合わせすると、会社から返信があります。仕事内容・作業期間・作業場所など条件を改めて確認した上で仕事の受注を進めていくとよいでしょう。

仮にその場ですぐに受注が決まらなくても、元請業者と一度顔合わせしておくことで今後の営業につなげていくことができるため、意外と効果のある方法です。ホームページから応募することで要件もはっきりしているので、営業が苦手な方でも比較的実践しやすい方法です。

実際に弊社でインタビューした職人さんがどのように仕事を請けているのかを以下の記事でリアルに語っていただいております。

職人さんの仕事にかける情熱を聞いてみたら予想以上に熱すぎました

 

アプリで建設業の取引先を探せるサービスに登録する

マッチングサービスと聞くと出会い系を筆頭に不安を覚える方も多くいると思いますが、さまざまな業種で人材募集や取引先開拓の引き合わせを行うマッチングサービスがあります。そして、建設業にもおいても新規の取引先や請負先を探すためのマッチングサービスがあるんです。

例えば、「仕事を頼みたい企業」と「仕事を探している一人親方」など、建設業に限定した取引先探しのマッチングサービスがあります。このサービスを利用することで新たな取引先と直接つながることができるため、仕事を探している一人親方には非常におすすめです。例えば「助太刀 アプリ」で検索すると、建設業の方のためのマッチングサービス「助太刀」が表示されます。まとめに簡単な概要を記載しているのでチェックしてみてください。

独立する際にした方が良い準備などは下記の記事を参考にしてください。

建設業の一人親方になるには?独立に必要な準備や手続きとは

まとめ

独立して一人親方として働くことにはさまざまな魅力がありますが、仕事を獲得することができなければまともに事業を行うことができなくなり、ゆくゆくは廃業に追い込まれる可能性もあります。そのため、仕事をもらうことは一人親方にとって最も大切です。そして、仕事をもらうためには地道な営業や人脈づくりがとても重要なのです。

株式会社助太刀では建設業における新規の取引先を探すマッチングサービス「助太刀」を提供しています。助太刀では、自分の登録情報をもとに自動的に発注者をおすすめ順に表示してくれるので、希望に合った新たな発注者と出会うことができます。また、誰とでもメッセージのやりとりを行うことができるため、アプリ上で条件をすり合わせて仕事を受注することも可能です。最後に、助太刀にて仕事をもらうまでの簡単な流れを説明します。

1. 助太刀のアプリをダウンロードする
App StoreもしくはGoogle Playから「助太刀」と検索し、アプリをダウンロードします。
2. 登録作業を進める
氏名、生年月日、住んでいる地域、職種などの基本情報を入力していきます。
3. 取引先を探す
助太刀では、あなたの職種や居住地など登録した情報をもとに、あなたにピッタリの取引先や発注者を自動でおすすめしてくれる機能がございます。もちろん、ご自身で希望の場所や条件など自分に合った取引先を探すこともできます。
4. 発注者と連絡を取る
助太刀では、アプリ上で発注者とのメッセージのやりとりも簡単に行うことができます。興味がある現場が見つかったら、メッセージのやりとりをして、条件をすり合わすことができれば、いつでもどこにいても受注することが可能です。

アプリをダウンロードして基本情報を入力すれば、自分にあった仕事の受注まで「助太刀」上だけで簡単に行うことができます。是非、ダウンロードしてみてください。

元請け探し現場探しは助太刀で!職人と工事会社の新しい出会いが見つかる

・職種や居住地などを入力すれば、現場や発注者がおすすめ表示されます
・気軽に発注者とメッセージのやりとりをして、条件があえば仕事を受注
助太刀アプリの詳細はこちら