TOP おしごと 建設業でこんなお悩みありませんか?あなたに助太刀をおすすめする理由
おしごと

2022.9.27

建設業でこんなお悩みありませんか?あなたに助太刀をおすすめする理由

記事をシェアする

建設業で仕事をしていると、様々な悩みにぶつかる事がありますよね。その場で解決できるものや時間が解決してくれるものもあれば、なかなか解消できない悩みもあります。

この記事では、そんな悩みの中でも助太刀で解決できるものを、助太刀のサービスとともにご紹介していきたいと思います。

助太刀とは

助太刀は、あなたの条件に合ったぴったりの職人・工事会社と出会えるサービスです。 気軽に会話してつながりを広げることができます。

助太刀なら全国76職種・18万人の
事業者・職人とつながれる!

人手不足を解消し事業を拡大したい
法人さま向けプラン

全国18万事業者の中から
職人・協力会社を探して事業を
拡げられる法人さま向けプラン!

詳しくはこちら

仕事の悩み(元請け)

元請けさんの仕事の悩みとして真っ先に挙げられるものは、なんと言っても協力会社探しと新規案件の獲得元請探しでしょう。そんな悩みの中でも、いくつか代表的なものを挙げていきたいと思います。

・付き合いのあった協力会社さんが引退した
・新しい分野の工事を受注したい
・業績拡大に伴って現場の人手が足りない
・自社周辺で依頼できる協力会社さんが足りない
・案件施工先が全国にあるが、そのつど自社周辺の協力会社さんに出張対応してもらっている
・繁閑の差が激しく、繁忙期の協力会社確保が難しい

協力会社さんの引退はどの元請さんにとっても悩みの種ですし、事業拡大に対応できる人手が足りないのは大きな機会損失ですよね。

こういった悩みに対して、今までのつてを頼ったり、求人募集をしたりする元請さんも多いですが、建設業の人で不足が続く中、良い職人さんを確保できない場合も多いようです。

また、最近は自社HPを持っている協力会社さんも増えていますが、自社の仕事のやりかたに合っているかどうかは判断できず、実際に仕事を依頼して期待とのズレがおきることもあるようです。

【解決方法】助太刀なら協力会社に直接メッセージを送る事ができる

上記のようなお悩みをお持ちの方には助太刀をお勧めします。助太刀では、条件にあった協力会社の方に直接メッセージを送る事ができます。メッセージのやりとりを通じて相手の雰囲気を捉えて、実際にお会いしてから仕事を発注する事で、期待とのズレを防ぐ事ができます。

また、例えば他府県の案件施工の場合、現地近くにいる協力会社を探す事もできますし、逆に自社の近くで協力会社さんを探して現地まで一緒に行きたいといったニーズにもお応えできます。

繁忙期の対応として、業務が落ち着いている間に協力会社さんとのネットワークづくりをしておくといった活用も可能です。

現場掲載をするときの3ステップ

今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

仕事の悩み(協力会社)

・もらう案件が過去のつながりに依存しており、数も減ってきている
・元請を増やしたいけど、つてを頼ってもなかなか案件がない
・移住先でネットワークが無いため、どうやって仕事をもらったらいいか分からない
・現場が自宅から遠い

これらは協力会社さんからお聞きする悩みです。元請さんを探す事が必要でも、HPを作ったりするのは手間もお金もかかってしまう。営業活動をするにしてもアテが無いし、相手がどんな会社かも分からないなどの悩みをお聞きします。

【解決方法】助太刀で元請探し(現場に応募)

こういった悩みをお持ちの方にも助太刀はお勧めです。助太刀ではアプリ上で協力会社を探している元請さんと繋がる事ができます。会社のプロフィールに詳細な情報もありますので、つながりたいかの判断ができます。また、ホームページのように元請さんからメッセージをもらう事もできますので、ご自身の希望条件にあった現場を探す事ができます。

今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

こちらは実際に助太刀を使っている方の声です。この方は助太刀を使い始めてホワイトな仕事ができるようになったと仰っています。

人間関係上、紹介を断りづらい(元請、協力会社)

こちらは元請さん、協力会社さんともに悩みとしてお持ちの方がいらっしゃいます。
紹介は有難い反面、紹介元との関係性に配慮する必要があります。

その為、紹介された案件は条件が合わなくても断りづらい、紹介された協力会社が自社と合わなくても断りづらいといった事もあります。

【解決方法】助太刀で新しい関係づくりを

助太刀を活用することで、今までの関係性に頼らずに元請や協力会社を探す事ができます。助太刀は第三者のプラットフォームですので、相手に求める要件によってお仕事が成立することもあれば、成立せずに終わることもあります。

また、つながりだけ作っておいて、お互いに状況が変わった際にまた連絡を取るということも可能ですので、紹介元に配慮する心配なくネットワークを作ることができます。

まとめ

「助太刀って名前は知ってるけど、どういう事ができるのか知らなかった」という方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は、身近なお悩みに対して助太刀がどのように使えるかをご紹介しました。

この記事をご覧の方で、協力会社や元請けを探している方がいらっしゃったら、助太刀の利用をご検討してみてはいかがでしょうか。

簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

こんな方におすすめ
独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

アプリの使い方
1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
2 プロフィールを入れる
基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
受発注の両方を利用することも可能

助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

 

【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方

人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方はぜひお問い合わせください。

お問い合わせ▶︎