鉄道設計技士とは、鉄道事業法をはじめ各種の関連法令、鉄道施設や車両設計の構造、技術に関する知識、さらに鉄道土木、鉄道電気、鉄道車両に関する専門知識を有した公的資格者を指します。

受験資格は、学歴と設計に関する業務の経験年数によって規定されており、大学卒業者は5年以上の経験、短期大学または高等専門学校卒業者は7年以上の経験、高等学校または中等教育学校卒業者は9年以上の経験、旧日本国有鉄道中央鉄道学園大学課程卒業者は6年以上の経験、または、設計に関する業務を12年以上の経験がある者です。

鉄道設計技士の資格は、公益財団法人鉄道総合技術研究所が運営管理を担い、鉄道土木、鉄道電気、鉄道車両の3つの区分があり、共通試験および専門試験I、IIで試験が行われます。

鉄道設計技士が携わる仕事内容は多岐に渡り、設計に直接関連する業務では、車両や台車の構造関連、鉄道の送電設備関連、鉄道信号設備関連、電鉄変電所の工事関連、鉄道通信設備関連など様々です。その他、製造方法や生産設備の検討業務、検査や品質保証業務、設計関係の各所をつなぐ業務があり、さらに、鉄道高架化、耐震補強、現況調査や安全度診断に至るまで幅広くあります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎