土木施工管理技士は、施工管理技士資格のひとつで国土交通大臣が認定する国家資格となっています。1級と2級の二種類に分かれていて、どちらも学科試験と実地試験が実施されます。

いずれも基準点を通過した人に、土木施工管理技士としての国家資格が与えられます。

土木施工管理技士のおおまかな仕事内容としては、道路や橋梁などの建造物の施工管理があります。」

「仕事内容は、道路や橋梁などの建造物の施工管理になります。そのほか水道、鉄道、ダムといった各種インフラの施工管理を行います。

土木工事では、現場責任者の主任技術者や監理技術者の配置が法律で義務付けられています。工事の工程計画を作成し、品質やコストの管理をする大切な業務です。そのため必要不可欠な職種となっています。

土木施工管理技士は主任技術者と監理技術者という役職の違いで1級と2級が用意されています。

1級土木施工管理技士は、監理技術者と主任技術者どちらも取得できる資格です。一方で2級は主任技術者のみの資格となっています。主任技術者のみの起用で可能な現場も多いのですが、監理技術者が必須の現場もあります。

条件としては、工事を施工する際に締結した請負金額の合計が4000万を超える場合に監理技術者の設置が国土交通省で定められています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。