TOP トレンド 工事現場の音でリラックス?現場の音を流し続ける動画がYoutubeで人気になるワケ

工事現場の音でリラックス?現場の音を流し続ける動画がYoutubeで人気になるワケ

記事をシェアする

週刊助太刀では、業界内のユニークな取り組みや流行りの情報について、『トレンド記事』としてご紹介しています。今回は、現場工事の音を流し続けるYoutube動画についてです。

ASMR動画とは

皆さんは「作業用BGM」というジャンルのYoutube動画をご存じでしょうか。これはその名前の通り、家で作業をしたり勉強をしたりする時に聞くBGMです。その種類は様々で、カフェで流れるようなBGMだったり、オルゴールのBGMだったりとありますが、中には焚火の音や雨の音、猫のゴロゴロ音などもあったりします。
こういった生活の音は、ASMRと呼ばれるジャンルで、「聞いていて心地よく感じられる、癒やしの音声」を指しています。ASMRは今や一大動画ジャンルになっており、中には再生回数1億6千万回を超える動画もあります。
参考:しむぐらし

工事現場の音も人気の動画に

なんと、そんなASMRの中には「工事現場の音」を収録したものもあります。その中でも人気の動画では、再生者数5万人を超えるものもあります。

参考:Youtubeチャンネル ヨツバ君見つけた
こちらの動画は作業用・睡眠用・勉強用BGMとして投稿されており、ショベルジャーや重機の音、スコップで土を掘っている音などが収録されています。この動画は2018年12月に投稿されていますが、2022年2月18日時点で52,000回以上投稿されており、根強い人気が伺えます。

参考:Youtubeチャンネル ドレミチャンネル
こちらはベビーサンダーの音や溶接、配管を切断する音などが収録されています。2020年11月に投稿された動画ですが、こちらも13,000回以上再生されています。

日常の音。だからこそ得られる安心感

これら工事現場の音が人気になる理由はどこにあるのでしょうか?
通常、音に関する人気動画と言えばプロのアーティストが歌っている動画等が真っ先に思いつくでしょう。ですが、こういった日常の生活音を求める声も確かにあります。楽器の音でも人の歌声でもなく、日常の中に溶け込んでいる音。そういった音であるからこそ、聴いていてリラックスする事ができる。リラックスする事ができるからこそ、作業用や睡眠用のBGMにする事ができるのではないでしょうか。
実際に、これらのYoutube動画のコメント欄には落ち着くといった声が複数ありました。
逆に人気の楽曲等は、どちらかと言うと気持ちを盛り上げたり感動したりする際に聴くものに思えます。
私達の生活において、趣味嗜好が多様になってきたからこそ、こういった細かい要望に対応するコンテンツが生まれているのでしょう。また、こういった作業の音には、子どもの頃の記憶を呼び起すような、懐かしさのようなものもあるのかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は現場の音を集めた動画のご紹介でした。
週刊助太刀では、今後も職人さんのカッコいい姿や、その仕事の魅力などについて発信していきたいと思っています。「こんなカッコいい職人さんがいるよ」 「こういう取り組みがあるよ」といった情報がありましたら、ぜひとも週刊助太刀編集部までお便り下さい。

(文/赤木 勇太)