TOP おしごと 建設業界で若者が集まらない理由は?その原因と対処法を紹介
おしごと

2021.12.21

建設業界で若者が集まらない理由は?その原因と対処法を紹介

2021年12月21日更新

記事をシェアする

建設業界は東京オリンピック開催や商業施設の増加、老朽化した建物の補強など需要が増えてる一方、建設に携わる人材が集まらず、60歳以上の高齢従業員でなんとか現場作業をおこなっている企業が多いのが現状です。

国土交通省の調査によると、建設業は全産業と比較して、29歳以下の就労者が約11%となっており、全産業の約16%と比較すると少ない状況です。

情報出典元:国土交通省 建設産業の現状

建設業界で
転職したい

詳しくはこちら

建設業界で社員を
採用したい

詳しくはこちら

なぜ建設業界に若い人材が集まらないのか

建設業界に人材が集まらない理由は、近年の働き方改革や仕事に求める価値観の変化などが大きく影響しています。建設業界は古くからの習慣や風習のイメージが強く、特に若い人材には避けられる傾向があります。

定着したイメージが払拭されない

若い方から見ると、建設業界は昔ながらの土木のイメージが残っています。力仕事で「キツイ・汚い・危険」といった3K仕事の先入観があります。建設業といっても、施工管理・積算・購買・職人など、多種多様な業務があります。業界を知らない若者は「建設=3K」という古い定着したイメージが残ってます。

今後、建設業界が多くの人材を確保していくためには、社内改革と並行してこれまでのイメージを払拭していかなければなりません。

教育やサポート体制が整っていない

建設業界の仕事は基本的に技術職で、経験を積みながら覚えていくしかありません。先輩や上司も教えられた経験が少なく、経験と体感で覚えていったという人も多いでしょう。そのため、後輩を育てるための教育体制が整っておらず、キャリアが浅い職人に対するサポートが不十分になっている可能性があります。丁寧に指導するのはもちろん、何をどのように学ばせていくのか体系的なプログラムなど、教育体制を充実させることで、安心して業務を学べるようになります。

働き方に対する考え方の変化

働き方に対する考え方は時代とともに大きく変わってます。昔は会社のために働き、その働きが認められて出世していくような価値観が一般的でした。しかし、現代では仕事はプライベートを充実させるための要素であり、私生活を犠牲にしたくないと考える方も少なくないです。加えて、働く環境にも快適性を求めることで、より安定的で充実した生活を実現したいというニーズが高まっているのです。

現代はネットで業界情報や口コミなどもある程度は入手できるため、そうした情報源から「建設業界はブラック」などの評判や認識が広がっているのも建設業界で人材の確保が困難になっている要因の一つです。

転職やフリーランス転身の増加

終身雇用制度があった時代は、最初に就職した会社で定年まで働くというのが定説でしたが、近年は終身雇用制度が事実上なくなり、複数回の転職やフリーランスへの転身が増加しています。この変化はフリーランスの浸透だけでなく、新型コロナウイルスによるテレワーク増加の影響もあります。こうした働き方の多様化から、建設業界は特に若手の人材を確保するのが難しくなってます。

建設業界で若い人材を集めるには?

建設業の仕事は職種を問わず一生モノのスキルを身に付けられ、今後の需要も高く、将来的にも安心できる職業です。今後の建築業界を担う若い人材を確保するのに必要なのは、 建設業界の「待遇面」と「従来のイメージ」など、業界全体や会社規模で改善する必要があります。この章では前述で記載した課題に対しての解決方法いくつか紹介いたします。

情報出典元:一般社団法人群馬県建設業協会 新入社員アンケート調査

定着した悪いイメージを改善

・説明会の実施やインターンシップの導入

高校、高専、大学生を対象とした企業説明会の開催して、業務内容や職場の雰囲気など会社をアピールしたり、職場体験会や事前研修などインターンシップも行い、事前に建設業に触れてもらう機会を増やし、建設業への理解を増やすことが大切です。

・おしゃれな作業着でアピール
最近では従来の作業服のデザインを一新し、スポーティーなものや、デニム記事のものなど街中でも違和感なく着れるお洒落なデザインの作業服やユニフォームを自由に着たり、企業側で採用するケースも増え、従来のカッコ悪いイメージから少しずつ改善されてきています。そんな身近な環境から変えていくことも非常に大切です。

・SNSを使用した情報配信
企業が人材を選ぶように、求職者も企業を選んでいます。そのため、建設業界にある多くの企業の中から、求職者に自社を選んでもらうために、SNSを使用して情報配信するのも手段の一つです。

例えばTwitterやFacebook、TikTokで会社のアカウントを作成し、職場の雰囲気など会社の特徴や魅力などを伝えることが非常に大切です。最初はフォロワー数も伸びないかもしれませんが、地道にコツコツと情報を配信すれば、建設業界での就職や転職など、あなたの会社に興味を持つ人に届くこともあるかもしれません。

教育やサポート体制を整える

・サポートできる体制づくり
一例をあげると、施工管理のような職種は、1人で複数の現場を管轄し、負担を抱え込みやすい職種なので離職や体調不良に繋がる大きな要因になっています。上司や先輩が業務量の振り分けを調整し、サポートすることはもちろん、一つの現場を複数人のチームで管理して負担を分散するなど、一人ひとりが孤立しない体制を整えていくことが大切です。

・IT技術の導入
建設業界でもDXが進み、IT技術が多く導入されています。例えば、現場の写真や図面や作業工程などをスマホやアプリで管理したり、同時に多くの作業員と情報共有できたりなど、建設業においても仕事の効率化がどんどん進んでいます。日頃からスマホやアプリを触っている若者には導入のハードルも低く、魅力に感じてもらえるでしょう。

働き方に対する考え方の変化に対応する

・積極的な休日付与
建設業界は休日が少ない会社が多く、これは昔の習慣や日給月給制で出勤日数が多いほど給料も高くなることなどが要因です。週休2日制は建設業界では非常に稀です。現代の人は給与よりも自分の時間を大切にする傾向が強く、多くの方にアプローチするのであれば、休日数の増加や積極的な休暇の付与などが必要です。毎週の休日付与が困難であれば、夏季や冬季・GWなどの祝日に合わせて連休を付与するという方法もあります。

・保険や福利厚生を充実させる
福利厚生や各種保険なども、注目するポイントの一つです。現代の人は労働環境に安心や安定を求めるので、人材確保のために必須です。福利厚生に関しては、資格取得支援や長期休暇制度・社宅・食事補助など、充実しているに越したことはありません。福利厚生は他社と差別化しやすい要素なので、積極的に追加しましょう。

転職やフリーランス転身からも呼び込む

・職場環境を改善する
まずは職場環境の見直しです。近年は新型コロナウイルスや働き方改革の影響から、働き方を重視する方は非常に多いです。

建設業は社会や住まいのインフラを支え、手に職をつけられる仕事です。近年はリモートワークやテレワークの浸透から、場所や時間に縛られることなく働けるという点が注目を浴びています。

こうした働き方の仕組みを整えておけば、人材確保だけでなく業務の効率化も可能です。例えば、実際の現場で作業を行う職人では難しいですが、施工管理や積算など監督業務を行う立場であれば、リモートワークの実現も可能となり、若い人材も興味を持つかもしれません。

まとめ

建設業界で人材が集まりにくい問題は、どの建設会社も抱えています。建設業界そのものに人材が入りにくい状況が続いているため、業界全体で改革をしなければならない時代がやってきます。若い人材の採用活動をする際は、今回の内容を参考にして、改善できるところからはじめてみましょう。

自社で思いつく限りの対策を行っても、若い人材や欲しい人材が集められない場合は建設業界に特化した求人サービスを『助太刀社員』を活用してみてはいかがでしょうか。

『助太刀社員』は、建設業界に特化した求人サービスで、約16万人以上の登録者に対してアプローチすることができます。職人はもちろん施工管理などさまざまな職種の募集も可能なので、建設業界で人材募集を行うのにぴったりのサービスです。大手の総合求人サイトとは違い、建設業に特化した求人サービスなので自社の魅力を求職者に伝えやすい環境が整っています。

アプリ利用者増加中!全国17万人以上の職人・工事会社と繋がれる

・17万人以上の職人、工事会社にメッセージを送って仕事の依頼ができます
・急な人手不足の時には助太刀アプリに現場情報を掲載して広く応援を募集できます

助太刀ビジネスプラン・エンタープライズプランの詳細はこちら