TOP おやくだち 職人さんにおすすめの休日の過ごし方を紹介

職人さんにおすすめの休日の過ごし方を紹介

2022年6月22日更新

記事をシェアする

職人さんはお休みがサラリーマンのように決まってないことが多くあります。なぜなら天候に左右されたり、完成時期が迫ったときには追い込みがあったり……建設業の職人さんのお休み、休日は突然やってきたりします。

そんなとき、有意義に過ごすにはどうしたら良いのでしょうか?一人親方や職人さんにおすすめな休日の過ごし方をご紹介します。

助太刀では条件に合った
ぴったりの職人や工事会社と出会える!

無料で使える!まずはアプリをダウンロード
各ストア「助太刀」で検索!

条件に合ったぴったりの職人や
工事会社と出会えるアプリ

無料で使える!
まずはアプリをダウンロード

App Store Google Play

職人さんの休み事情

業種によりますが、外仕事などの職人さんは、雨の日に作業ができず仕事が休みになりますよね。

例えば、土木工事をはじめとする、外作業が中心の業種では、資材が濡れてしまったり、足を滑らせたりする危険性もあるため、管理者の指示に従い中止になります。

工事現場で働く職人は、季節や天候による影響を強く受けます。現場は安全第一なので、雨が嫌だから現場を休もう、という理由ではありません。

天候に左右されたり、土日も仕事していたりする

住宅建築やビル建設などを行う職人さんは、様々なリスクを回避するために作業を休みにするということになります。万が一大事故が起こったりすると、現場の進行そのものに影響を与えますし、命にも関わる現場であったりするためです。

実際に、国土交通省が定めた「土木工事安全施工技術指針」によっても、雨や風の強い日は労働災害を起こさないよう多くの措置が講じられているため、悪天候がどれだけリスクが高いのかを表しています。

具体的には、雨の日や強風の日は視界が悪くなることによる労災リスクの増加、足元が濡れていることによる滑落、風が強いとクレーンや機材が倒れたり、近隣にも迷惑をかけたりすることになりかねません。足場が崩れたり、強風でクレーンが倒れたりするニュースを目にすることがありますね。

雨の日に無理やり仕事をして、晴れている日に寝込んでしまっては、職人さんが労働する意味がありません。
職人さんが雨の日に仕事を休みにすることで、それらのリスクを大幅に解消できるのです。またリスクの面だけでなく、雨の日には効率も悪くなりますよね。まず6月などの梅雨時期や、台風シーズンが多くなる時期は工事の休みが多くなる時期と予想されます。

また労働新聞社によれば、国交省の動きとして建設業も働き方改革を推進する上で、週休2日になる可能性が出てきたので、ますます休みの使い方の工夫が必要になるかもしれません。

急な休みの日をどう過ごす?

さて、雨の日に突然お休みになってしまったとしたら職人さんはどう過ごすのでしょうか。

「日当×出勤日数」である職人の場合、休みになった分お給料が減ってしまいますので、ある意味困ることもあるでしょう。予定していた休みは良いですが、梅雨時期や台風シーズンなどは困ったことになります。

そんなときは日雇いやアルバイトの仕事を入れて稼いでいる職人さんもいます。少なくなった分をフォローするために副業的なアルバイトを入れている人もいますので、参考にして、普段からアンテナを張り巡らせておくと良いでしょう。

また健康も大事ですし、何かの手続きが平日しかできない場合は、病院や役所などまとめて行くものはないか?と調整しておくのも手です。歯科検診なども、いざ虫歯になってしまうと治療に時間がかかってしまいますので、当日可能な歯医者を探してみるのもいいでしょう。

平日のほうが空いている免許の更新など、そのうち済ませようと思っていた用事をまとめて済ませることも、雨の日の過ごし方としては有意義です。

時間を有意義に使うことで、日曜日に家族サービスができることもあるかもしれません。
その他、急に現場がお休みになったときはどうするか、ここからはお仕事に関連するお休みの過ごし方をご紹介します。

屋内で技を磨く、勉強をする

将来的に独立や法人化など、自分のスキルで食べていこうと思う場合は、やはり技を磨くのも一つの手です。

技を磨いたり勉強をしたりなど、将来を見据えた行動を積み重ねておけば、いざというときには信頼のおける職人となってオファーが多く舞い込みます。

加工場や事務所、自宅などでできることをコツコツと練習したり勉強したりして、技術を習得したり上級の技術資格に挑む時間にあてるのもおすすめです。

電動工具や腰道具の手入れをする

普段使っている電動工具や腰道具の手入れをするのも良いでしょう。
普段の作業中に使いにくかったり、油が切れていたりするのに面倒でなかなかできないのが、電動工具のメンテナンスや道具の手入れだったりします。

雨の日こそ自宅や屋内で手入れをしておいて、次の仕事に気持ちよくスタートできる準備をしておきましょう。
特に電動工具は定期的に掃除したり、油を差したりしないと故障の原因にもなります。普段の作業で常に使っていて手入れをする暇がないときこそ、急な休みなどを活用したいものです。道具や工具が長持ちすることは節約にもなりますし、使いやすい道具がずっと手元にあることになります。

他の仕事をしてみる

職人さんは休みになるとその分お給料が少なくなるため、休みになった雨の日も経済的な面を考えれば、アルバイトを定期的に入れるのもよくみられる傾向です。ただし、職人さんは体が資本ですので、例えば体のメンテナンスにあてたり、筋トレをしたりと工夫したいものです。

スキマ時間でできる事はたくさんあります。少しでも、雨の日も実のあることをするのが大事です。ここが将来できる職人さんになれるかどうかの分かれ目かもしれません。休みになった雨の日は、副業や勉強など実のあることをして過ごせるように、段取りをするのもおすすめです。

ジムに行って体を鍛える

平日の急なお休みであれば、フィットネスジムに行くのもおすすめです。フィットネスジムは日曜日だと人が混んでいることもありますが、平日であれば空いている事も多いです。先述の通り、職人さんは体が資本ですので、フィットネスジムに行って体を鍛え、現場で活躍できるよう準備する事も良いでしょう。

ドライブや遠出のランチ

日曜日は混んでいる道でも日曜日であれば空いている事が多いため、ドライブに出かけるのもおすすめです。また、普段であれば行けないような場所にあるお店でランチにすることもできます。

部屋の掃除や模様替えをする

気分を変える方法として、部屋の掃除や模様替えをしてみるのもいいです。掃除をする事で気持ちの整理ができたり、模様替えをする事で気分転換になります。

ショッピング

例えばショッピングモールであれば日曜日は混んでいる事が多いですが、平日であれば比較的人も少ない為、落ち着いて買い物を楽しむ事ができます。また、映画館が併設されているショッピングモールであれば、気になっていた映画を観るのもいいです。

まとめ

職人さんとして生きていくためには、手に技術を持つこと自体必要なことですし、もしくは将来稼ぐための準備をすることで、雨の日も有意義に過ごせるようになります。もちろん、休みの日は文字通り体を休める日であり、「◯◯をしなければならない」と決め過ぎると本来の目的である体や心を休める事ができなくなってしまいます。だからこそ、突発的な休みの日には少し仕事の事を意識して過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

アプリ利用者増加中!全国17万人以上の職人・工事会社とつながれる

・17万人以上の職人、工事会社とつながりを増やして事業の幅を広げる
・助太刀アプリに会社プロフィールを掲載して理想の職人・工事会社と効率的にマッチング
・全国の事業者とつながる事で活動エリアを拡大

助太刀法人向けプランの詳細はこちら ▶︎