TOP おかね 配管工は1000万稼げる?平均年収と仕事内容、年収をあげるための方法とは
おかね

2022.6.19

配管工は1000万稼げる?平均年収と仕事内容、年収をあげるための方法とは

2022年6月19日更新

記事をシェアする

配管工を目指している人のなかには、仕事の将来性や平均年収、内容が気になっている人もいるでしょう。特に配管工として、1000万円以上の年収を稼ぎたいと思っている人には、仕事の将来性は重要です。

本記事は、そんな疑問を抱える人に向けて、配管工で年収1000万を目指せるのかが主な内容です。また、配管工を目指している人へ向けて仕事内容や平均年収だけでなく、年収を上げるための方法も解説します。

助太刀では条件に合った
ぴったりの職人や工事会社と出会える!

無料で使える!まずはアプリをダウンロード
各ストア「助太刀」で検索!

条件に合ったぴったりの職人や
工事会社と出会えるアプリ

無料で使える!
まずはアプリをダウンロード

App Store Google Play

配管工の仕事内容と平均年収は

配管チェック

配管工は、住宅やビルなどに設置される配管に関わる工事を担当する技術者です。配管には給水管や排水管、ガス管などがあり、どのビルにも必須のインフラと言えます。

どんな建築物を建てるにも、配管工事は必須であるため責任は大きく、技術のある配管工は信頼できる存在として重宝されるでしょう。その分、事故が起きないように確実な施工が求められます。

また、配管だけではなく、空気清浄機や冷暖房の設置業務を担当することもあります。人がいるところに必要な設備のほとんどを設置するので、ビルや住宅の建設には欠かせない人材です。

配管工の仕事は設置だけではありません。年々劣化していく各種配管のメンテナンス、トラブルがあった際の補修などを行っています。知らない人からすれば、目に入らない地味な仕事ですが、生活を支える重要な仕事だけにやりがいも大きいです。

配管工の平均年収は正社員で382万円です。日本の平均給与は令和2年度で433万円なので、やや低い年収となっています。

参考:求人ボックス 給料ナビ「配管工の仕事の年収・時給・給料」
国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」

地域によって年収は変わる?

配管チェック

配管工の給料は地域によって変わります。調査によって差がありますが、求人ボックス給料ナビの「配管工の地域別年収」によれば以下の通りです(*3)。

・北海道および東北地方…325万円
・関東地方…419万円
・甲信越および北陸地方…365万円
・東海地方…406万円
・関西地方…391万円
・四国地方…361万円
・中国地方…341万円
・九州および沖縄地方…345万円

配管工の場合、もっとも高い関東地方ともっとも低い北海道および東北地方では、100万円近く平均年収の差があります。そのため、年収1000万円を目指すのであれば、ある程度年収の見込める地域を意識したほうが良いでしょう。また、年収の高い地域ほど配管工に対する需要を見込めます。

ちなみに、年収が高い関東地方の都道府県別年収ランキングのベスト3は次の通りです。

1位 千葉県 454万円
2位 東京都 446万円
3位 神奈川県 434万円

ただし、配管工に限らず年収は地域だけで決まるわけではありません。平均年収の低い地域でも、高年収を目指せる勤務先もあります。また、資格取得などを通じてスキルアップすれば、年収1000万円を目指すことは可能です。また、これは平均値ですので、例えば年齢によって増減する要素も出てくるでしょう。
参考:求人ボックス 給料ナビ「配管工の仕事の地域別給料」

配管工の将来性と年収アップの方法とは

配管をチェックする男性

本記事を読んでいる人のなかには、配管工の将来性が気になっている人もいるでしょう。配管工は、近年起きている慢性的な人手不足によって、相対的に需要が高まっています。そのため、需要は十分にあると言えるでしょう。

また、配管工は資格がなくても就職でき、多くの人にチャンスがあるのが現状です。ただし、平均年収はそれほど高くないため、年収1000万円に到達するには時間がかかります。

年収を上げる方法として、同じ勤務先で勤め続けて年功序列による給料アップをねらう方法や転職をして条件のよい勤務先に就職する方法があります。また、スキルが高ければ、個人事業主として独立するのも選択肢の一つです。

ただし、これらの方法はスキルを上げることが必要条件と言えます。スキルアップの方法として、現場で経験や実績を積み上げることの他に資格取得があげられます。基礎的な知識を習得して、実績も積んだ上で資格を取得すれば、年収アップに大きく近づきます。

配管工が取得するのにおすすめな資格は以下の通りです。

・配管技能士
・管工事施工管理技士
・建築設備士

それぞれの資格について、以下で簡単に解説します。

配管技能士

配管技能士はガス、水道など様々な配管について知識・経験があることを証明する資格です。この資格を持っていれば、配管に関する知識のレベルをわかりやすく証明できます。受験資格に実務経験が含まれており、経験も必要な資格です。

配管技能士の資格がなくても、配管工になれます。ただし、職場によっては資格手当があったり、転職時には優遇されたりする可能性もあるので取得を目指してみてください。資格区分は「建築配管作業」は1級~3級、「プラント配管作業」は1、2級に分かれています。

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士は国土交通省が認定する国家資格であり、1級と2級に分かれています。管工事施工管理技士は、配管工としてだけでなく現場の管理者としての技能も必要です。そのため、実務経験が受験資格に含まれています。

管工事施工管理技士専任の資格を保有していれば専任技術者や主任技術者、さらに1級であれば監理技術者になれるため仕事の幅が広がるのがメリットです。会社のなかで、より上の役職を目指すのに役立つでしょう。

建築設備士

建築設備士は建築物の設備全般に対して技能と知識があり、高度化・複雑化した設備の設計や工事監理を行えることを証明する資格です。建築士から求められた意見は、建築確認申請書等において記録されるなど、責任の大きい仕事を担えます。

また、受注した建築士は建築主に対して設計書など交付すべき書面に従事する建築設備士の名前を記載します。このように建築設備士の資格を保有していれば、建設現場において活躍する場が広がり、収入アップにつながるでしょう。

プラント配管工事を請け負う

プラント配管工事は工場の配管工事を指します。一般的な施設や住宅と違い、危険な物質を扱うことがある工場の配管は高度な技術が必要です。

少しのミスで有毒ガスや薬品が漏れ出すなどの重大な事故を引き起こす可能性があるため、経験値はもちろんのこと技術力や知識がないと務まりません。

さらにプラント配管工事では細かなスケジュールで動く必要があるため、タイトなスケジュール内であっても安全に正確な施工を完遂しなくてはならず、それらが可能な配管工事のエキスパートしか請け負えません。

そのため、プラント配管工事が可能なプラント配管工になれば、他の配管工よりも活躍の場は広がるほか、年収も高くなるでしょう。

条件の良い会社に転職する

今より給与条件の良い会社に転職するのも年収アップの方法です。とは言っても、必ずしもすぐに転職をするという訳ではなく、自分のスキルや経験で他社に行った際にどれくらいの収入になるのか、更に年収を上げる為にはどのような経験があったらいいのかを確認するということもお勧めです。今は転職の方法も様々で、例えば転職サイトでご自身の職種を探すだけでも条件面を見る事ができます。本格的に転職先を探す前に、ご自身のキャリアを棚卸するという意味で転職サイトをチェックしてみるのは有効です。

そういった際に便利な求人サイトとして、『助太刀社員』をお勧めします。助太刀社員は建設業に特化した求人サイトで、求人の件数も豊富にあります。もし今の会社でずっと勤め続けると決めていないのであれば、助太刀社員でご自身の職種を探し、求人をチェックしてもいいでしょう。

建設業界で
転職したい

詳しくはこちら
 

建設業界で社員を
採用したい

詳しくはこちら

配管工に将来性はある?

配管工の男性

配管工は建設物に必要な配管を設置、メンテナンスする仕事です。そのため、将来的になくなる可能性は低い、魅力のある仕事と言えます。ただし、スキルアップのために様々な経験を積むことや最新機器に対応できるようなインプットは重要です。また、空調や衛生、化学の知識など周辺知識を得る努力も必要になってくる仕事です。

配管工は個人として様々な経験を積み、キャリアアップや独立を目指すことで年収アップにつながります。資格取得をしてより多くの仕事をこなせるようになるか、独立して個人向けの仕事も請けるかのプランを早めに立てれば、年収1000万円も十分に目指せます
以下の記事では年収1000万円を目指す方法について詳しく解説しております。

建設業の一人親方は儲かる?年収1000万円を目指す方法とは

まとめ

ここまで配管工の仕事について、内容や平均年収、地域別の年収、将来性、年収アップの方法を解説しました。配管工は建築物に必要な配管の設置、メンテナンスを行うため、今後もなくなる心配はないでしょう。経験を積めば年収アップも可能であり、1000万円稼ぐことも不可能ではありません。

配管工の年収アップを目指すには、配管技能士などの資格取得をしていくことと経験を積んでいくことの両立がポイントです。転職してより良い待遇の職場を目指すにしろ、独立して収入アップを目指すにしろ、経験を積まなければなりません。そのためのキャリアプランを早めに計画しましょう。その意味では、収入アップだけではなく、経験を積む目的で転職をすることも一つの方法です。例えば転職を機に管理やサポートの仕事を経験するといった形です。先述の通り、自分の持っているスキルを定期的に棚卸して、転職サイトの求人と照らし合わせてどんな経験を積むといいかを意識していく事が大切です。

また、独立を目指すのであれば、法人化して事業を拡大するのも一つの方法です。法人化して従業員を雇用することで。一人ではできなかった大きなお仕事なども受注できるようになり、請けられる仕事が増え、収入アップの可能性も広がります。例えば自分で営業をしたり顧客を探すことが得意だけど事務仕事が苦手という方も、社員を雇う事で苦手な分野を補う事ができます。

本記事では、配管工の仕事内容や平均年収、年収アップの方法を解説しました。配管工の仕事に興味を持った人やさらにキャリアアップを目指したいと思った人は、ぜひ年収1000万円を目指した取り組みを始めてみてください。

簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

こんな方におすすめ
独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

アプリの使い方
1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
2 プロフィールを入れる
基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
受発注の両方を利用することも可能

助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

 

【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!

建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎