TOP おやくだち 内装工事にあって良かったおすすめの道具5選を紹介

内装工事にあって良かったおすすめの道具5選を紹介

記事をシェアする

内装工事を進めるなかで、「ああ、もっと便利な道具があればいいのに」と感じることはありませんか?
住宅やビルなどの内装工事ではさまざまな道具を活用しますよね。基本的な電動工具はもちろん手作業で使用するものなど、内装工事で活躍する便利アイテムのバリエーションはみなさんが思っている以上に豊富です。
そこで、本記事では数々のアイテムの中でも「内装工事にあって良かった」と助太刀編集部が独自目線でおすすめする道具5選をご紹介します。より効率的に内装工事を進めるための道具を探している方やDIY初心者の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

助太刀では条件に合った
ぴったりの職人や工事会社と出会える!

無料で使える!まずはアプリをダウンロード
各ストア「助太刀」で検索!

条件に合ったぴったりの職人や
工事会社と出会えるアプリ

無料で使える!
まずはアプリをダウンロード

App Store Google Play

内装におすすめの道具5選

クロスの張り替えやネジ・クリップ・ボルト・釘など、さまざまな金具や素材の取り付け・取り外しを行う内装工事。必要に応じてさまざまな道具を使い分ける必要があり、状況によっては特定の道具がなければ工事がストップしてしまうケースもあるでしょう。

そのような事態に陥らないため、そして内装工事をスムーズに進めて効率化するためにおすすめの道具を5つご紹介します。

1.エンジニア ネジザウルスM2 φ2~3.5mm用 静電気対策 PZ-57

Amazon
価格:1,589円(令和4年1月17日時点)

最初に紹介するのは株式会社エンジニアが発売している「ネジザウルス」です。その独特なネーミングと某S田ヶ谷ベースで有名なタレントさんも絶賛しているので、耳にしたことがある方も多いでしょう。

このネジザウルスの最大の特徴は、極小サイズの潰れたネジや特殊ネジなど、取外しが大変なネジを簡単に取り外すことができることですよね。

早速、レビューを見てみましょう

「縦溝があり、ネジ頭にガッツリつまめる。仕事のようとによりサイズを選べばどんなネジでも緩むと思う。現場作業にはピンチを救う工具です。」
「お値段は決して安くないですが、1本買っておけば、大体のネジ関連のトラブルは解決してくれます。」

まず、レビュー件数がすごいです。その数8000件越え!レビューのほとんどが難攻不落のネジが取れた、諦めていたネジが外せた、など感動の声が多数上がってました。お値段は少し高めですが、この高評価のレビュー数を見る限り、工具箱の中に1つあると安心かもしれませんね。

2.トネ(TONE) クリップリムーバー

Amazon
価格:880円(令和4年1月17日時点)

トネ(TONE)から販売されているクリップリムーバーも、内装工事における剥がし作業で重宝する道具の一つです。

屋内の画鋲やクリップを剥がす際にも使えるため、リフォームやDIYなど幅広い場面で活躍してくれるでしょう。価格も500円前後とお手ごろ価格に設定されているため、持っておいて損はないアイテムです。

レビューを見てみましょう

「ドアの内装剥がし、フロント内装剥がしなど色々と作業しましたが、こちらのリムーバー1つでなんとかなりました。これが無かったら恐らく色々と手こずっていたかと思います。」
「個人的に内装いじりには必要不可欠なツールです。私も一応プロの端くれですが、樹脂製の内装はがしに関してはこれとエーモンのきみどりのストレートタイプの内装はがしがあれば大体事足ります。」

さすが、ボルト締結機器やトルク管理機器などで有名な総合工具メーカーTONEブランドですね。ワンコインで買えるので内装系に携わる方は1本は持っていると便利ではないでしょうか。

3.アルインコ アルミ製はしご兼用脚立 MR150W

Amazon
価格:6,475円(令和4年1月17日時点)

内装工事では天井など高いとろろでの作業も発生しますよね。そこで必須となる道具が脚立です。折り畳み部分を伸ばすとはしごとして使えるものを選択すれば、より高いところで作業もできるので、購入する際は注目してみてください。

アルインコは日々の暮らし、建設現場、工場の安全性をサポートする昇降機器・農業関連機器・運搬機器・アルミ型材などを提供しているメーカーとして有名ですよね。

レビューを見てみましょう

「軽さや色合い、安定性に優れた商品で、重宝しています。安全面でも安心できます。」
「アルミ製のため、古い製品と交換したときにかなり軽く感じました。バッテリー、充電器、すべてをケースに入れられるので、片付けも簡単です安定性も申し分なくコストパフォーマンスも良かったので満足しています。」

昇降機器に強いメーカーさんなので、高評価がたくさんです。特にアルミ製の恩恵による軽さや安定性のレビューが多くございました。保管場所は取ってしまいますが、あると便利な脚立は内装工事の強い味方ですね。

4.オルファ(OLFA) スピードハイパーAL型 227B

Amazon
価格:485円(令和4年1月17日時点)

オルファのカッターナイフ、スピードハイパーAL型 227Bは握ったときに、滑らず力のかけやすい形状を追求した二重成形のラバーグリップで、スピードブレードというフッ素加工の黒い刃は強い力を入れずにカットすることができるとのこと。

段ボール・レザー・壁紙など多彩な素材に対応しており、内装工事・DIY・事務所などで幅広く活躍してくれるでしょう。内装工事では材料の梱包開封や壁紙クロスのカット、段ボールの開封など、腰袋やポケットに入れておけば、必要なときにすぐ取り出すことができますね。

レビューを見てみましょう

「さすがのOLFAですね、グリップ感がシッカリとあり握り具合が丁度よく考えられています。そのため、力の入れ具合が十分に刃先へ伝わるので、切れ味が良いです!」
「このスピードブレード、たしかに特専黒刃に比べると、明らかにスムーズにダンボールなどが力を入れずに切れます。」

実は世界で初めて折る刃式のカッターナイフを発明したのはオルファなんですよ。その名に恥じない高レビューがたくさんありましたね。作りもしっかりしているので、プロの職人さんも長く使えるのではないでしょうか。

5.アサヒペン 貼り道具セット

Amazon
価格:918円(令和4年1月17日時点)

大手メーカー「アサヒペン」から発売されている貼り道具セットです。、内装工事やDIYで使用頻度が高いヘラ・ステンレスカット定規・ローラー・壁紙用カッターナイフの4つがセットになっています。

クロスや壁紙の補修などに必要な道具がワンセットになっているため、内装工事や改装の入門道具としておすすめです。「これから内装をやってみたい!」と思う人はこのセットを購入しておくべきです。慣れてくれば、より作業に適した道具を選べるようになりますよ。

レビューを見てみましょう

「道具自体はとても使いやすい。ローラーで圧着し、スクレイパーで角もきっちり貼れます。」
「壁を貼るなら絶対に購入した方がいいです。空気も簡単には抜けますし、切りたい所のに当てて、スッと切れます。」

初心者の方を中心に高評価のレビューがたくさんありましたが、職人さんのコメントは少なかったです。現場の職人の方はプロ仕様の工具の方が良いかもしれませんね。

まとめ

今回ご紹介した以外にも、内装工事で役立つ道具は数えきれないほどたくさんあります。
無難に有名ブランドの工具を使うのもよいですが、最近では各社が低価格かつ高品質な商品を発売しています。ぜひ自分に合った内装工事用の道具を探してみてくださいね。

アプリ利用者増加中!全国17万人以上の職人・工事会社と繋がれる

・17万人以上の職人、工事会社にメッセージを送って仕事の依頼ができます
・急な人手不足の時には助太刀アプリに現場情報を掲載して広く応援を募集できます

助太刀ビジネスプラン・エンタープライズプランの詳細はこちら