クリティカルとは、建設業では工事工程表上、前の工程が終わらないと次の工程に進めず、全体として短縮が出来ない工種の組み合わせとなる一連工事で、最も時間を要する工程を示します。クリティカルパスとも言います。英語では「critical」と記載し、重大なさま、危険な状態を意味します。建設工事の工程表はガンチャート工程表、グラフ式工程表、ネットワーク式工程表があります。

クリティカルパスを見つけ出すためには、工程の前後関係を把握する必要があるために、ネットワーク式工程表を用います。作成にあたっては、それぞれ工種の量、必要人工、日数を算出する必要があり、専門的な知識も必要となります。クリティカルパスを探ることは、工程上の優先度を把握することにもなります。クリティカルパスが遅れることは、全体工程が遅延することを意味します。

工事現場の工程管理上、最も重要なこととなります。クリティカルパスを把握することで、他の工程の余裕度を把握することも出来ます。余裕のある作業工程は、人工の山崩しを行い、少ない人数で効率的に作業を行えるようになります。今後、コンピュータの発展が進むにつれて、各工種がデータ化されて、工程表も自動作成されるようになります。クリティカルパスもカーナビの様に最短ルートを示してくれる時代になって来ます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。