クリティカルパスとは、直訳すると「重大な経路」のこと。

建築業界に限らず、あらゆる業界で作業効率を上げるために工程表は作られる。そのうち、プロジェクトの完了を左右するであろう重要な経路のことをクリティカルパスという。

建築業界の場合、工事開始から終了までを「前の工程を終えないと次の作業工程を始められない」という条件で各工程を結んでいった時に、所要時間が最長となるものを指す。

建築の現場は多くの人員が作業に関わるため、工事計画や進捗状況を明らかにすることが求められる。計画通り作業ができているか、遅れている場合はどこが遅れてどうすれば遅れを取り戻せるかなど、進捗状況を把握して作業を効率化させるためにクリティカルパスは必要不可欠となる。

建築でクリティカルパスを算定するには、事前調査・施工技術計画・調達計画・管理計画などにより工程手順を明確にすることが重要。いくつかの工程パターンを検証し、その中で最長となるものがクリティカルパスとなる。

クリティカルパスを算定する方法で、PERT図と呼ばれるものを作成して作業の流れを図式化するやり方がある。手書きやスプレッドシートを用いて作成することもできるが、専用の作成ツールを利用すれば効率的である。