平行定規とは、平行線を引くための製図道具である。
西洋では、18世紀頃から主に海図を読み取るために平行定規が使われていた。日本では、1950年代より製図板が製造されるようになり、製図板に平行定規が取り付けられるようになる。

元来の平行定規は、2つの定規を2つのアームで連結させたもの。広げると平行四辺形のようになる。
製図板にも平行定規と呼ばれるものが付属しているが、仕組みは元来のものと違い、1本の直線定規の左右をワイヤーで吊って平行に上下する。四隅の滑車でワイヤーを動かして、定規が常に平行を保つようになっている。製図板に付属する平行定規にはマグネットが付いており、製図用紙を固定できるようになっている。

平行定規を使う時は、横線は平行定規に合わせて右利きの場合左から右へ線を引く。縦線の場合、平行定規に直角の部分がある定規を当てて線を引くと良い。右利きの者は左から右へ作図したほうが図面は汚れにくい。
建築士試験には設計製図試験があり、平行定規の持ち込みが認められている。製図板の大きさはA2用までで、水平線が引けるものに限られる。

近年はCADで設計することが多くなった。そのため、試験以外で平行定規や製図板はあまり使われない傾向にある。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎