しゃくりとは、元来、畝(うね)を掘り切る意味で、敷居や鴨居と襖との接合部に沿って作った溝のことを言います。漢字では「妁り」、「決り」、「刳り」、「作里」等と書きます。かつては専用のしゃくり鉋(かんな)を用いて木材を抉(えぐ)っていました。

現代ではミゾキリと言われる電動工具を用いて溝を作っています。溝の断面は長方形、半円形、三角形、蟻などがあります。鴨居の場合、幅は21㎜、深さは15㎜となります。ミゾキリにはブレードと呼ばれる歯が付いており、高速で回転させながら溝を作ります。位置は付属のガイドや本体についたスケール(定規)を目安に、ネジで調整します。抉る歯の深さを調整して、2〜3回に分けて作業を行います。柱にも石膏ボードなどの壁材を食い込ませるために、溝を設けることがありますが、これをボードしゃくりと言います。

マルノコを用いても溝を作ることが出来ますが、精度を出す工夫が必要となります。木工事以外にも油圧ショベルで土を掘り、溝を作ることもしゃくりと言います。園芸でも土をしゃくり、畝を作ります。鍬(くわ)や鋤(すき)をもちいて、溝を作ります。畝を作ることで、排水性が良くなり、畝を立てることで作業性も良くなります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。