プロットは元来、小説などの筋書きや構成を意味する言葉です。

建設業界では、設備や配管などの情報を記した図面を指します。言わば、構造や設備などの設計情報の枠組みを示す図面です。またの名を総合図と言い、設備業者が作成にあたります。

そこには配管の通り道や空調の位置などが記されているのです。この図面を基礎に業者間の調整が行われます。空調設備、電気設備などの配置もプロット図を基に定められます。

プロット図には、天井プロットと床プロットがあります。天井には、照明機器や火災報知機などの位置が記載されます。一方、床に記載されるのは、コンセントや電話回線などです。尚、プロット図には電気配線は記されません。それが電気施工図と異なる点です。

プロット図は、関係する各業者(設備や配管、電気工事業者など)が使用する図面です。

万が一、プロット図に欠陥があると後で面倒なことになります。場合によっては、施工をやり直すことになりかねないからです。図面上の数字や記号の記入ミスは避けなくてはなりません。

読み間違えを防ぐ工夫や、凡例の一覧表が添付されます。誰にでも理解できる記号が用いられるのも、そのためです。プロット図の情報は、依頼主にも共有されます。

依頼主に確認しながらスイッチの位置を決めることもあります。