BTOとは、ビルド・トランスファー・アンド・オペレート(Build Transfer Operate)の略語で、PFI(Private Finance Initiative)手法の一種で、民間事業者が建設を行い、公共に所有権を移転して、民間事業者が運営や維持管理を行う方式のことです。従来、公共工事では、役所が計画、設計発注、施工発注、運営管理を行ってきました。

これに対して、PFIのBTO手法を活用することにより、設計事務所、施工会社、運営会社のノウハウを活用し、施設運営の品質向上、効率化、コストの削減を期待することが出来ます。また、資金調達も民間企業に委託することで、事業の継続性も図ることが出来ます。PFI事業を行うためには、民間事業者がSPC(特別目的会社、Special Purpose Company)を設立し、公共がこのSPCと事業契約を結びます。入札段階ではこのSPCは存在しないため、共同企業体のコンソーシアムとして入札を行います。選定事業者はSPCの設置や、構成員、出資等に関する基本協定を結ぶこととなります。

事例としては、県営住宅の再整備、学校の改修・維持管理業務、学校給食センターの建設・運営維持管理業務があります。尚、民間事業者が建設、管理、運営の後に公共に移管する方式をBOT(Build Operate Transfer)、民間事業者が建設、所有、運営する方式をBOO(Build Own Operate)、民間事業者が建設し、公共に貸し出し、運営管理をする方式をBLO(Build Lease Transfer)と言います。