BOO(Build Operate and Ownを略したもの)とは、事業方式のひとつである。
公共施設の建設や管理から運営までを、民間事業者の技術や資金、経営手法などを活用することで行う事業の手法のことをPFI(Private Finance Initiative)と呼ぶが、BOOはそのうちの1つ。他にも、BTO・BOT・ROがPFIの方式である。

BOOの場合、民間事業者が資金を調達して施設の設計や施工を行う。施設の維持管理や運営なども民間事業者が行う。その後、一定の事業期間を終えれば民間事業者が施設を解体・撤去する。
民間事業者が資金を調達するなどにより、国や地方自治体はリスクを大幅に減らすことができる。民間企業も、営業努力によっては大きな収入を得られる。

ただし、民間事業者が事業期間終了まで施設の所有権を持つため、建物にかかる地方税などを負担しなければならない。債務不履行などにより、民間事業者がサービスの提供を中止する可能性が出てくることを考慮する必要がある。
PFIの中では、民間事業者が所有権を保持し続けるBOOが、民間事業者にとって最もリスクが高くなる。以下、所有権移転のタイミングなどでの違いにより、BOT・BTO・ROの順。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。