土地家屋調査士とは不動産登記のプロフェッショナルです。国家資格で、合格率は例年低いと言われており、細かい技術が求められる難しい資格です。

形状や位置、面積などをミリ単位で測量しなければなりません。場合によっては、明治大正時代にまでさかのぼって調査します。法律職でありながらフィールドワークが必須な技術職です。

土地家屋調査士の主な仕事は、不動産の調査や測量です。原則、表示に関する登記の申請は不動産所有者がするルールです。ただ、専門知識のない人が正確な測量などできません。

土地家屋調査士はそうした人の代理となり、仕事を実行します。こうした仕事は土地家屋調査士だけに許されているのです。他の士業にはできない唯一の資格であるため、独占性があります。担える仕事も非常に多く、土地なら表題登記や変更登記、更正登記、分筆登記などです。また、合筆登記や滅失登記なども実行できます。地積測量図や建物図面、各階平面図なども作成します。

登記所が登記をしてくれず、不当な処分をされる場合もあります。そんな時は、審査請求で不服申立てを行うことができます。土地家屋調査士は、こちらの代理も可能です。

また、隣の土地との境界トラブルでは筆界特定の手段があります。土地家屋調査士は、この手続きも代理可能です。ただし、筆界確定訴訟になるとコストが膨大にかかります。そのため、所有者同士が話し合いで解決するのが理想的です。ADR認定を受けた土地家屋調査士ならこちらも担えます。弁護士と共同し、代理することが可能です。

【動画紹介】
こちらの動画では、土地家屋調査士の資格について解説されています。

【参照】
土地家屋調査士はるえもん : 登記測量・図面作成 : 石川土地家屋調査士・行政書士・海事代理士事務所

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。