建築の世界でいう水合わせとは、主に伝統工法で土壁を施工する時に使う言葉である。

伝統的な日本建築に見られる土壁においては、壁土に藁などを細かく切った苆(すさ)を入れる。その際に、壁土を水と混ぜ合わせて練った後、壁に塗り付けるまでに湿り気を保ったまま保存しておくことを「水合わせ」という。水合わせをすることで苆の発酵が促され、壁土の強度や粘性が増す。水合わせの期間は、気温の高い夏場でも1カ月程度必要とされ、長いと半年以上も水合わせに費やされることがある。

水合わせの期間中にも時々壁土を練り返し、いつでも施工できる粘度を保たなけれなならない。水や苆、川砂などを適宜補充し、粘度を調整することも必要。

水合わせが終わった壁土を、竹で編み込まれた下地の両面に塗り付ける。厚さは柱の太さに合わせ、50mm以上にする。
完全に土壁を乾燥させないと、ひび割れや亀裂が浮き上がるおそれもある。そのため、工期に余裕がある現場では、半年以上乾燥に時間を掛けることも。
近年では、モルタルなどを練った後に、空合わせした材料に水を加えることも「水合わせ」と呼ぶ。硬化不足の防止や色むらができなくなるようにするためにも、水合わせは大切な工程である。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎