シーリングは工事の名称で、壁材の隙間を埋めたり、ひびを補修したりする工事を言います。外壁塗装工事の見積書などで目にすることもあるでしょう。コーキングとも呼ばれますが、外壁の種類で要不要が変わります。

シーリング剤は樹脂製で、いくつか種類があります。アクリル系は水性タイプで、水分のある面でも使用可能です。ただ、耐久性は低いため、近年ではあまり需要がありません。

シリコーン系は密着性に優れ、バスやキッチンで使用されます。ただ、塗装ができないため外壁には適しません。

ウレタン系は耐候性が低く、紫外線に弱い特徴があります。外壁に使うなら塗装が必須です。

変性シリコーン系は万能で、耐久性や耐候性に優れます。下塗りが必要ですが、外装にも屋根にも使用可能です。

外壁のひび割れ補修にはシーリングが適しています。放置すると雨水や湿気が侵入し、腐食するおそれがあります。シーリング剤は気密性が高いため、ひびに注入しましょう。また、クッション性も高く、ひびの悪化を防ぐ効果もあります。

外壁がサイディングボードの場合、目地は必須です。目地は弱いため、必ずシーリング剤材が注入されます。サイディングボードは気温や湿度で伸縮する部材です。そのため、外壁材同士で割れを作る場合が少なくありません。シーリングは部材にクッション性を与えることも可能です。そのため、部材の割れ予防になります。
【動画紹介】
こちらの動画では、シーリング工事について解説されています。

【参照】
塗り替え道場

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。