左官とは建物の壁や床、土塀などをコテを使用して塗り上げる作業のことで、それを専門とする職人を呼ぶ時にも使われています。ちなみに、「しゃかん」とも呼ばれます。近年は、壁の土台となる下地作りが多くを占めることが多いです。下地を塗り中塗りを重ね乾燥し、上塗りで仕上げて乾燥させます。

漆喰や珪藻土、聚楽壁、モルタル、白州壁などがあります。漆喰は古くから外壁にも内壁にも使われてきました。近年では漆喰にも白以外の多彩なカラーがあります。漆喰は呼吸をするため、高湿期は水分を吸収するのです。その一方で、乾燥期は水分を放出します。そのため、年中室内を快適な環境に保つ力があるとされています。ホルムアルデヒドを吸着でき、シックハウスを防げるのです。雨が多く高温多湿の日本に最適な素材として親しまれてきました。珪藻土は植物プランクトンの一種・珪藻からできた完全な天然素材です。そのため、アトピー、シックハウス症候群などの症状を防げます。吸水性、耐火性、断熱性にも優れており、快適な生活を保てます。

左官は、大規模工事現場で行う野丁場と町場に分かれます。野丁場は、ビルやマンションの工事を中心に下地作りを行います。町場は一般の住宅で塗り壁などの仕上げ作業を実施することです。仕事はコテで塗るほかにセメント運搬してミキサーで練ります。左官になるには特に資格は不要で工事会社の見習いから始めます。下地作りや漆喰仕上ができるようになるには10年前後の修行が必要です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。