オーバーホール(Overhaul)とは、老朽化した機械を部品単位まで分解、点検、清掃、修理、交換、再組み立てを行うことで、当初の性能に戻すための予防保全作業のことです。建設業の場合、工事現場で用いる車両のエンジンや油圧ショベル、ホールローダーなどの重機の内燃機関、駆動部分を定期的な点検と合わせてオーバーホールを行い、不意な故障や能力低下を防ぎます。金属でできたエンジンや油圧シリンダー、ギア類は、使用年数により各部が摩耗、劣化してしまいます。

また、潤滑剤として用いられる油も劣化し、部品相互に隙間が生じ、異音や振動を発生させ、能力低下につながります。高額な重機の場合、故障の度に買い替えが難しく、経費を抑えるためにも重要な行為となります。また、オーバーホールを行うことで、今は製造されていない機械も使用することが出来る様になります。同じような言葉でレストア(Restore)やレトロフィット(Retroactive refit)という言葉もあります。

前者は重機の内燃機関や駆動部分だけではなく、外装、内装も含めた全体を元の通りに戻すことで、後者は古い機械に新しい機能、強度を付加することで、新しい時よりも性能を高めることを言います。機械を永く大切に使うことは、経費の削減のみならず、地球環境保全のためにも大切なことです。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。