レベリングとは、もともとはある場所の地面が水平かどうか測ること、あるいは土をならして平らな地面を作ることを意味しています。また、床下の調整によく利用されるものに、セルフレベリング工法があります。流動性の高い材料を流し込むことで、精度の高い水平な床面を作る工事のことを指します。床面が水平ではない、デコボコしたままの状態で仕上げを行ってしまうと、光の当たり方でその箇所が目立ってしまったり、歩行に障害が発生するなど、仕上がりに悪影響が出てきてしまいます。

セルフレベリング材は優れた平滑性を有しており、これが最大の特徴です。技術や熟練度自体はあまり関係せず、かなりの精度で平滑な床面を作れます。また、石こう系は、セメント系と比較すると強度、耐水性ともに低いですが、ひび割れしづらいのが特徴です。一方、セメント系は、石こう系と比較して強度、耐水性の両面において優れていますが、乾燥が遅いのがデメリットとしてあげられます。

その他、短期間で施工が完了することも特徴のひとつです。モルタルの場合であれば、乾くまで数日待つ必要がありますが、セルフレベリングの場合は、流し込んだその日に乾きます。結果、工期が短くなり、コストを抑えることもできます。ただ、材料費はモルタルよりも高いので注意が必要です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎