相欠きとは、木材の継手や仕口の一種である。「相欠き」は「あいがき」または「あいかき」と読む。
角材など2つの部材をそれぞれ2分の1ずつほど欠き取り、同じ形にする。片方の部材にもう片方を乗せ掛けてつなぐ。相互に同じ形で欠き取るので「相欠き」という。

相欠きの歴史は古く、古墳の石室には石を互いにはめ込む相欠きの技法が使われていた。鎌倉時代頃に建築された、国宝に指定されている浄土寺浄土堂にも、相欠き工法が使用されている。現代でも、格子壁や棚などに相欠きが用いられる。

相欠きの継手にもいろいろな種類がある。先端が広がった蟻形相欠き継ぎ、蟻形を貫通させずに途中で止める包み蟻形相欠き継ぎ、45度の角度を付けた相欠きをつなぎ合わせる留め相欠き継ぎなど。相欠きの形により矩(かね)相欠き継ぎ・T形相欠き継ぎ・十字相欠き継ぎといったものもある。
伝統的な工法では、相欠きはノミなどを使って手作業で丁寧に作られていた。現代では丸鋸やトリマーを使用して手早く作り上げることも。
相欠きは他の継手と比べて作るのが容易で、部材と同じ厚さに収められるというメリットがある。ただし、継手の中では接合強度が弱い部類である。そのため、釘打ちや接着剤の使用などで補強することが多い。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。