ヘアライン加工とは、金属の表面加工方法の1つで、一方向へ細かいラインに傷を付けて仕上げたものを言います。ステンレスやアルミニウムに多く用いられ、家電製品や、造作キッチン、アクセサリーなど、幅広く使用されています。

ヘアライン加工の方法
ヘアライン加工は、通常、ベルト研磨機を使用し加工されます。高速回転させたベルトに加工材を当てて、一方向に表面を磨くことで完成します。研磨の幅や形状を工夫し、風合いの変化を出せます。

ヘアライン加工のメリット
・高級感が出る
平面の鉄板に、ヘアライン加工を加えることで、立体感が出ます。また、シャープなラインが入ることで、高級感も増します。インテリアや、アクセサリーに用いることで、鏡面加工にはない上質な印象を与えられます。
・デザイン性の向上
ヘアライン加工は、幅広いデザインに対応しており、クロスや円状などの模様を組み合わせる事により、さまざまな印象を持たせられます。
・比較的安価で生産できる(ベルト研磨機使用)
複数枚の板を連続的に大量生産すれば、比較的安価に生産できます。しかし、一点物を加工する場合、逆に割高になる場合があります。

ヘアライン加工のデメリット
・長期的管理が難しい
ヘアライン加工は、表面に傷を付けてデザイン加工を行っているため、デザインが、長期的に続くわけではありません。ヘアライン加工されたものを、天板やアクセサリーなどで使用していると、もともとの加工の向きと、違う方向にできた小キズが目立ってきます。そうなると、お手入れが必要になり、長期的に管理するのは難しい加工法であると言えます。
・加工できる材質が限られる
基本的には、ステンレスやアルミニウムが多く加工されています。他には樹脂なども加工できますが、どの材質でも加工できるわけではありません。ステンレスの中でも、ヘアライン加工に向いているステンレスは、SUS300番台のステンレスで、摩擦に強いクロムと、低温の衝撃に強いニッケルを1割以上鉄に混ぜ込んだものです。材質の違いには注意しましょう。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。