座刳る(ざぐる)は、部材から釘頭などが飛び出てこないように、ドリルなどを用いて前もって掘り込んでおくことを意味しています。加えて、ネジなどの頭部が出っぱらないように開けられた穴のことを座刳り(ザグリ)と表現します。ネジなどの頭がきちんと隠れることにより、何かに当たったり、引っかかったりしてネジなどが緩んでしまうことを避けられます。

家具などは、基本的に座刳りを設けます。また、円形に掘り込む場合は、錐状の刃物を使用するため座刳りといいます。一方、四角に掘り込む場合は座掘りといいます。座刳りとあわせてキリという言葉が出てくることがあります。キリは、穴を開ける時に使用するドリルの直径のことを意味しています。例えば図面に、8キリと記載があれば8ミリの直径を持つドリルで穴を開けてくださいという意味です。

ただし、8キリで開けられた穴の実際の直径は8ミリを超えてしまうこともあるので注意が必要です。加えて、8キリ、13ザグリと定められているケースもあります。この場合は、直径8ミリのドリルで、直径13ミリのザグリを作るという意味を持ちます。深座刳りという言葉も出てきますが、深さが深いという意味で用いられるわけではなく、深さが定められた加工のことです。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。