コア抜きとは、建築物のある部分に後から円形の穴を開けること。コア抜きを行うのは柱・梁・壁・床などである。建築物に新たに配管を設置する場合や電気・空調設備のケーブルを配線する場合にコア抜きを実施する。他にも、耐震診断を行う際のテストピースを採取する目的で利用されている。

ハンマードリルの先端にキリを取り付けて穴を開ける方法を「乾式穿孔」という。また、機械の先端に高強度のダイヤモンドビットを取り付けて穴を開ける方法を「湿式穿孔」という。

乾式穿孔は水を使用しないことが長所としてあげられるが、それにより粉じんが舞うためコア抜き作業の際は防じんメガネ・防じんマスクを着用して作業を行う必要がある。また、周囲に粉じんが飛ばないように養生も重要となる。湿式穿孔は水を使用することで粉じんを抑制できるが、電気機器を使用しているため水がかからないよう注意が必要。また、専用の機械の取り扱いが容易ではないことが難点といえる。

コア抜きを行う前に、穴を開けて問題がないかを事前調査が必要であり、鉄筋の配置を確認するためにはレントゲン撮影を実施する。また、コア抜き作業は大きな音を発するため、周囲の騒音対策に努めなければならない。さらに、粉じんの飛散防止、汚水・コンクリート塊の保管方法についても事前に確認すべき項目である。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。