はつり(斫り)とは、石やコンクリート、アスファルト等を削る作業のことです。
その作業員のことをはつり工(はつりこう)と言います。かつては鑿(のみ)や鏨(たがね)、金槌(かなづち)を用いて手作業で行っていましたが、最近では大型電動ハンマーや電動カッター、エアーチッパー等を用いています。

建築の工程の中で斫り作業はいくつかの場面で行います。まずはアースドリル工法の場合、鉄筋かごと生コンを打設して現場造成杭を造りますが、出来上がった杭の頭部のコンクリートを斫り、鉄筋を出すことを杭頭処理(くいとうしょり)と言います。建物を支える杭のコンクリートなのでとても固く、労力を要する作業となります。次に、各階の床のコンクリートを打設した後に、扉などの建具枠の一部を床に埋めるために、床コンクリートのはつり作業を行います。また、コンクリートの表面を肉の叩きハンマーのようなものではつり、表面を荒く削り取ったような仕上げをすることをビシャン仕上げと言います。

改修工事などで、既存のタイルなどを剥がす際にもなどを処理する際に、鏨(たがね)を用いたはつりを行います。はつりは建物の解体時にも行うことがありますが、新築時にも必要となる工事作業となります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。