面取りとは材料の角を削ることで木材、鋼材、食材などに対してよく用いられる言葉である。

木造建築や木工の分野では鋭利な角を無くして安全性を高める目的で、特に指定されなくても木材の角を45度・面幅1mm前後にカットする。これを糸面あるいは糸面取りと呼ぶ。糸面取りは角のキズやへこみを目立たなくさせる工夫でもある。

中世になると寝殿造の丸柱が書院造の角柱に替わっていくが、7面取り(室町時代、辺寸法が柱幅の1/7)、10面取り(安土物山時代、辺寸法が柱幅の1/10)、14面取り(江戸時代、辺寸法が柱幅の1/14)と時代が進むにつれて面が小さくなる傾向が見られる。

現在でも柱など材寸が大きなものは糸面よりも広い一歩面(幅3mm)や大面(5~6mm)にする場合がある。

これとは別に意匠性を高める目的で施される面取りもあり、建具・家具・木工製品などによく使われている。カットする形状によって丸面、角面(かどめん)、かまぼこ面などの名称がつけられ、さらに複雑なカットを施している几帳面、唐戸面(銀杏面とも)、胡麻殻面などもある。

棹縁天井の棹縁は下面2カ所の角に面取りが施される。大面取り(5~6mm)の45度カットが一般的だが面幅15~20mm程で70度近くにカットすることもあり、その断面形状から猿頬面(さるぼおめん)と呼ばれる。見付けの幅を補足することでシャープな印象を与えることができる。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。