防水や防塵(ぼうじん)、気密性の向上を目的として、構造体の隙間を目地材などで充填(じゅうてん)すること。その際に使用される目地材のことをコーキング材という。同義語として、「シーリング」がある。コーキングとシーリングの使い分けについては厳密に決まっておらず、職人や会社によって違う。一応、公共建築工事標準仕様書ではシーリングと規定されているため、どちらで呼称するか迷ったらとりあえずシーリングと呼んでおくのが無難である。

コーキング材として、ペースト状の樹脂材が良く使用される。硬いチューブ状の専用容器に入っており、押し出し機(コーキングガン)で施工する。施工することを「コーキングを打つ」という。

コーキングを打つ際はマスキングテープで養生し、コーキングを打つ面にシーラー(プライマー)を塗布する。また、コーキングの伸縮性が失われてしまうので、3面接着とならないようにボンドブレーカーで縁を切る必要がある。施工箇所が深くなっている場合はバックアップ材を入れ、コーキング材が適量で済むようにする。バックアップ材がコーキングに接着しない材質であれば、ボンドブレーカーで縁を切る必要はない。

コーキングは、外壁、ベランダなどの外回りから、キッチン、風呂場などの水回りまであらゆるところで行われている大切な作業である。

【参考動画】

こちらの動画ではコーキングについて解説されています。

明進工業防水

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。