水研ぎとは、研磨の対象となる塗装面や個体材料の表面を、水滴で潤しながら研磨道具で研ぐことを指します。

湿潤材となる水などを使用せずに研磨することを「空研ぎ」と呼び、研磨による粉塵(削りカス)と熱の発生が短所となります。

また、油を湿潤材として研磨することを「油研ぎ」と呼び、研磨道具の研ぎ面(やすり)が目詰まりしにくく、対象物を何度でも繰り返して研磨できる長所があります。

塗装工事の工程は、「空研ぎ」で素地を平滑にする(下地補修を含む)、「下塗り」で下地と塗装面の両面を強化する、「中塗り」で下地を強化する、下塗りまたは中塗りの段階で塗面が硬化し乾燥した後に「水研ぎ」で塗面を平滑にする、さらに仕上げとしての「上塗り」で風雨や汚れへの耐性を強化するという流れです。

研磨道具は、研磨箇所や研磨量に応じてサンダーなどの電動工具やサンドペーパーをそのまま、または当て木(サンディングプロック)に巻いて用います。

サンドペーパーには、紙やすり、耐水ペーパー、布やすり、空研ぎやすり、ポリネットシートなどがあり、目の粗さは番手(数字による番号)で示されており、粗目(#40~#100)、中目(#120~#240)、細目(#280~#800)、極細目(#1000~)で区分けされています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎