ヤードは、一般的にはゴルフやアメリカンフットボールなどで距離を表す言葉として用いられています。一方、建築用語としては「スペース」や「空間」という意味で使われます。
具体的に住宅では、屋外に設けた家事スペースや収納場所を「サービスヤード」または「ストックヤード」などと呼びます。勝手口の近くや裏庭などに屋根付きのスペースを設置。分別ゴミ、灯油、アウトドアやガーデニングの用品、ペット関連のストックなどをサービスヤード(ストックヤード)に集約します。
室内に置きたくないものを屋外にまとめて収納することで、家の中がすっきりするだけでなく、家事動線もスムーズに。玄関を通らずに一時的に荷物をおいたり、宅配物の置き配に指定したりと、活用の幅は無限大です。洗濯物干し場などを兼用すれば、家事の効率も向上します。
主に店舗などで使われる「バックヤード」という言葉も同様の意味で使われています。在庫置き場、作業場、事務室など、後方支援に必要な場所として設置されています。
建築の現場では、足場材や建設機械を保管するための資材置き場も「ヤード」と呼びます。保管だけでなくトラックへの積込や荷下ろし、機械のメンテナンス作業なども行うため、ヤードには囲いを設置した広い敷地が必要です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎