工程表は建築において工程表は非常に重要なものです。工程表がなければ、工期も適切な人員配置もできません。一番のトラブルは工期の遅れによる会社の損失です。無理な工期や矛盾ある内容では、大損害を招くおそれがあります。工程表作成は、実工事と同じくらい重要なものと理解しましょう。

工程表に決まった作り方はありません。一般的な方法は以下の通りです。

①紙面

少人数や比較的小規模な工事は、紙面で手書きでも十分です。ただし、紛失や損傷に備えてバックアップは取っておきましょう。

②エクセル

インターネット上に無料のテンプレートが多数あります。ワードより図表を使いやすいため、使用例が多いです。ただし、こちらも新旧管理には注意が必要です。

③スプレッドシート

Googleスプレッドシートはエクセルと似ています。オンライン共有がしやすく、閲覧権限管理ができますが、Googleアカウントが必要です。

④工程管理ソフトウェア

専門のソフトウェアです。オンライン共有が可能で、管理に特化している点が特徴です。

工程表作成でのポイントは利用者全員にとってわかりやすいものであることが重要です。

工程表を見るのは、施主様や工事関係者全員です。誰がどの立場で見ても理解できる必要があります。専門用語は使わず、全員で共有できるようにしてください。作業担当者を割り振り、誰がいつ何をするかを明確にしましょう。工程ごとに期間を設定し、完工予定日から逆算します。ただし、無理や無駄、矛盾がないか厳重にチェックしましょう。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。