単位時間の中でどれだけの仕事が行われているかを表す物理量を、仕事率といいます。パワーなどと呼ばれることもあります。表記に関してはW(ワット)やPS(馬力)が使われます。
 
色々な分野で使用される仕事率ですが、建築の分野においては、建築設備などに使用されます。建築設備には、モーターなどの動力が多数存在しますが、これらの仕事率を求めることは、その設備の能力がどれだけのものかを知ることができます。
 
電気設備の分野でも多用されます。私たちの家には、電気料金の算出に使われる電力メーターが取り付けてあります。このメーターで電気料金を算出するためにも、仕事率は使用されます。そもそも仕事率というのは、どれだけ仕事をしたかを表すものです。電気の分野では、1秒あたりに1ジュール(J)の仕事をしたのが1ワット(W)で、ワットは仕事率ということができます。さらに、仕事率に時間をかけたもので、キロワット時(kWh)というものがあります。1kW×1時間[h]=1kWhで表すことができます。1時間に何キロワットを使ったかを知ることができます。このキロワット時は仕事と表現することができ、電気料金を算出する重要な指標となります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。