ワットとは、電気機器の消費電力を示す数値で、ワット(W)=ボルト(V)×アンペア(A)の式で表されます。電気工事の際に設備の電力を把握したり、電力メーターから電気代を計算するためにワットが用いられます。

コンセント工事の場合、コンセント1カ所で1,500Wまでなら安全に使えるので、使用する電化製品のワット数の合計が1500W以内であるかの確認が必要です。もし超えそうな場合は、熱が発生してコードやプラグ等からの発火を防ぐために、ブレーカーを増設して、そこからキッチン等へ配線して専用のコンセントを設けることになります。

例えば、洗面所の場合、洗面所の照明60W~、ドライヤー1,200W、乾燥付き洗濯機1,280Wが一般的ですが、洗濯機で乾燥しながらドライヤーも同時に使うと、ブレーカーが落ちてしまいます。この様な場合は洗濯機専用のコンセントを設けるのが良いと言われます。コンセントの増設工事を行うには「電気工事士」という資格が必要なので、専門の業者に依頼するのが良いようです。

電力としてのワットは、W = V·Aで表され、電気器具としてのワットは、電流 = 電力 / 電圧という式が使われます。冷凍機などの冷凍能力も、時間あたりに取り去れる熱量であるので、ワットの単位を使用します。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。