有効寸法は、物を通せる必要最小寸法のことを意味しています。加えて、有効長と言われることもあり、確実に寸法を確保したい場合に有効という言葉を使用します。建築の寸法を示す場合は、一般的には芯々の寸法で表します。しかし、最低限必要な寸法が求められるケースがあり、その場合においては有効寸法が用いられます。具体的には、実際に人が通ったり、物を搬入したりする場合や、内法の長さを表すケースなどで用いられます。中でも、両者の間に何かを入れる際は、内法の間隔は入れる物の寸法以上が求められるので、特に確認されることが多い傾向があります。

また、隣地の境界線からの外壁の距離は、自治体によっては壁芯から境界線までの芯々の寸法ではなく、有効寸法が用いられます。このケースでは、建築主事から有効と付け加えて記載することを求められます。ただし、両端が矢印の寸法線の場合は、有効寸法ではなく、芯々の寸法を表すこともあるので注意が必要です。

その他、有効内法寸法と言う言葉もあります。普通と称する寸法の決め方で、戸当たりの内側から内側までは巾、床下端から上枠戸当たり下端までが高さです。沓摺り(くつずり)があるかないかは関係ありません。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。