潮位(ちょうい)とは、基準面からの潮汐による海面高を言います。潮汐(ちょうせき)は、いわゆる潮の満ち引きです。潮汐は約半日でゆっくり海面が上下変化する現象です。

こうした中一定の高さを基準面とし、略最低低潮面(ほぼさいていていちょうめん)としています。

略最低低潮面とは「これより低くならないと想定される潮位面」を意味します。海は常に動いており、海面の高さを特定するのは困難です。海面は風や波でうねりがあり、海面高は常に変動します。それでも、これらの要素を除き、潮位を把握することが必要です。厳密な定義があるものの、おおむね干潮の海面に近くなります。

近年増加している水害リスクは、建築業界においても深刻です。被害を軽減するためには、正確なデータが必要となります。個人でも潮位などを把握し、リスクに備えることは大切です。台風やゲリラ豪雨などのおそれのあるエリアは少なくありません。そのため、建築のことを踏まえ、情報収集が行われています。構造物の配置やコストの検討などには気象も深く関わります。

海岸堤防や海岸護岸の設計には特に必要なデータです。大潮小潮の差や高潮、台風も深く関係します。また、潮位に対して地盤高が低いゼロメートル地帯もあります。そうしたエリアに建築物を安全に建てるためにも重要です。潮位偏差はエリアや地形で大きく異なることも問題です。不確実性が高く、予測や定量化には至っていません。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。