スパンは、建築用語としては本来建物を支える支柱と支柱の距離のことを意味しています。しかし一般的には、主にマンションなどの開口部がある一辺の長さを意味することが多いです。開口部がある一辺とは、リビングやバルコニーがある側のことを指します。加えて、スパンの長さが広いものを「ワイドスパン」と表現し、一般的に間口が8m以上ある住戸を指すことが多いです。

ワイドスパンが用いられている住戸については、窓を広く取れるので日当たりや風通しが良いという特徴を有しています。さらに、バルコニーも広く取れるのも特徴で、洗濯物を干すスペースだけではなく、ガーデニングなどを楽しむスペースも作れるというメリットがあります。ただし、開口部が広いということは外気に触れる部分が多いことを意味しています。

よって、冷暖房費が高くなってしまうケースがあるので注意が必要です。また、壁面が少なくなってしまうので家具の置き場に困ってしまうというデメリットが生じることもあります。その他、スパンが広くない縦長のマンションについては、居室の独立性を確保しやすいという特徴を有しています。ワイドスパンの横長マンションとは異なり、奥行きを活用した使い方ができるなどの魅力があります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。