建築におけるスランプとは、生コンクリートが固まる前の柔らかさを表す値のことである。スランプ値ともいう。

生コンクリートの流動性やコンクリート打設作業の効率性を示す指標となる。単位はcmが使われ、数字が大きいほど流動性が高く粘度の低い生コンクリートとなる。

スランプ値を測るスランプ試験の方法は、まずスランプコーンと呼ばれる円筒状の容器に生コンクリートを詰めて撹拌する。それを逆さにしてから垂直にスランプコーンを引き抜く。

スランプコーンを引き抜いて残った生コンクリートは下がってくるが、その高さをスランプコーンの高さから引いた数値がスランプ値となる。

建築で使われるスランプの標準値はおおむね18cm以下とされる。現場で計測する際は、スランプが8〜18cmの場合はプラスマイナス2.5cmの誤差を許容範囲とする。

ビルなどの建築物の施工には、鉄筋が密集していたり型枠の形状がまちまちだったりするため、流動性の高い生コンクリートを使用することが多い。逆にダムなど強度が求められるものには低スランプのコンクリートが使用される。

混和剤の使用などでスランプ値が必ずしもコンクリートの強度と比例しないため、数値の適用には注意が必要である。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎