安全率は、各部材の基準とされている強度と許容応力の比率のことを意味しています。構造設計時に用いられる割合のひとつです。確定しているものの場合は、安全率は1で問題ありません。しかし、建築に使用される部材に関しては不確定な要素が多く、どんな問題が起きるか定かではないため、安全率を算出する必要が出てきます。できる限りの不確定要素を排除できれば、安全率は1に近づいていくことになります。ただし、実際は1にすることは難しいです。なぜなら、環境だけではなく部材の品質にもばらつきがあることや、予想外の使われ方をすることがあるからです。

また、建築に限定していえば安全率は、このくらいの安全は見込んでおこうというような経験則で決定されることも少なくありません。加えて、これまでの事故や経験的に作用した最大の荷重を参考に決定されることもあります。建築材料の安全率は、種類によってさまざまです。木の安全率はv=1.8で、水分を吸えば強度が落ちるなど安定していないといえるので、安全率は高めに見込んであります。鋼の安全率は、v=1.5です。コンクリートの安全率は、v=2.0です。その他、地震や台風などの災害時にも安全率を見込むのはコストがかかります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。