n値は、標準貫入試験という地盤調査を行い求められる値のこと。n値によって、地盤の締まり具合・土の硬軟・土層の構成が判断できる。建築においては建築物の構造を考える上で行われる試験である。英語ではボーリング試験と呼ばれるもの。

標準貫入試験の内容は、次の通りである。まず、重さ63.5kgのハンマーを高さ75cmの位置から自由落下させる。続いて、試験器具の先端についた試験用のサンプラーを30cm打ち込む。そのときの打撃回数がn値となっている。つまりn値が大きいと地盤が堅固であるといえる。

粘性度の場合は、n値が5以上であれば一戸建てを建築するのに問題はないとされている。しかし砂質土の場合は、n値が10以上なければ地盤の沈下・液状化現象が懸念される。同じn値であっても地盤改良を行わなければならないこともある。
高層マンションを建築する場合はn値50以上、中低層マンションの場合はn値30以上必要となる。

標準貫入試験以外の試験方法によってn値を求めた場合は、換算n値と呼ぶ。スウェーデン式サウンディング試験を実施し、貫入時の荷重と貫入量1mあたりの半回転数により換算n値が求められる。一戸建て住宅を建築する前の地盤調査として利用されている。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。