モジュールとは、単位を表しています。設計上の基本となる寸法のことで、建築物の各部分を一定の倍数で統一したいときに基準となる大きさのことです。IT用語として使われることもあるので注意が必要です。

日本建築においては、畳の寸法などに用いられることが多く、大きく3つにわけられます。「尺モジュール」は、910mmが基本単位です。以前は、関東と関西でサイズが違いましたが、現在日本で流通している建材の多くが910mmです。もともとは関東地方で住宅を建てる時に、柱間6尺を1間とする「柱割り」が使用されていたことに由来します。

「メーターモジュール」は、1000mmが基本単位です。尺モジュールに比べると90mm広くなるのが強みで、多くの大手ハウスメーカーが採用しています。面積が大きくなる分、建築費が上がるのがデメリットでしょう。

「インチモジュール」は、北米で用いられており、1,218mmが基本単位です。本格的な輸入住宅で使用されており、体の大きい人に向いています。

また、モジュール化建築は新たな建築構造として認識されています。1つの部屋を1個のモジュールとして工場で事前に製作します。従来の建物と比較して、管理を実施しやすくなるというメリットがあります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。