開き戸(ひらきど)とは、戸の端部に丁番や軸金物などを取り付け回転軸とし、開閉する建具のことを言います。建具の戸が1枚のものを片開き戸、2枚のものを両開き戸、両方向に開くものを自在戸と言います。

戸を引いて開く場合、回転軸が右側にあるものを右勝手、左側にあるものを左勝手と言い、多くの右利きの人は右勝手の方が使い易くなります。戸を開閉する際にスペースが必要となるので、廊下側に設置する場合、通行の妨げとなるので室内側に開くように配慮します。避難階段に用いる場合には避難方向を意識し、上層階は階段方向へ、1階等の避難階は階段から出る方向に開く様にします。

開き戸は建具の戸と枠の間に隙間が少なく、気密性や遮音性に優れています。更に遮音性を高める場合は枠の下部に沓摺(くつづり)を設けゴムなどのパッキンを取り付けます。ドアノブもグレモン式として戸と枠を密着させます。トイレや浴室などの換気を必要とする室で引き戸を用いる場合には、換気用の開口として戸の下部を切り込んだアンダーカットやガラリを設けて風の通り道を作ります。尚、溝に沿って横に開く建具のことを引き戸(ひきど)、扉が折れ曲がって横に引くものを折れ戸(おれど)と言います。

【参考動画】

こちらの動画では開き戸の作り方について実演で解説されています。

303 works

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。