建築用語の四八(しはち)は、サイズを表す言葉である。「4×8」で「しはち」と読ませる事例も。
世界では、独自の伝統的な単位からメートル法への転換が図られてきた。現在では、建築の分野などほぼ全てにおいてメートル法が採用されている。
しかし、一部の地域ではメートル法が使われていない。アメリカ合衆国が依然としてヤードポンド法を使用しているのが最たる例である。そして、現在の日本でも、建築において尺貫法が慣習的に使用される例も見られる。1尺は約30.3cm(303.03mm)。

四八とは、ベニヤや合板、鋼板などの大きさを表す言葉である。縦横が4尺と8尺であることからそう呼ばれる。
尺貫法からメートル法に変換した場合、四八の正確な数値は1219mm×2438mmとなる。しかし、簡略化して1220mm×2440mmや1200mm×2400mmとして使用される例も見られる。
四八の他にも、914mm×1829mmの三六(さぶろく)や1524mm×3048mmの五十(ごとう、ごっとう)などが使われている。
ただし、設計など建築ではあくまでもメートル法が基本となっている。四八などの呼称は、慣習として残っているものと認識しておかなければならない。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。