寸法とは、建築図面に必ず明記しなければならない大切な要素です。設計者から工事施工者へ情報を正しく伝えるための手段です。平面図・立面図・展開図といった意匠図から、梁伏図などの構造図、電気・給排水の設備図まで、すべての図面に記入します。

建物の大きさや高さは、芯々寸法(部材の中心〜中心)で表します。そのほか柱の太さや壁の厚み、家具・建具のサイズ、隣地境界線から建物までの距離、道路幅員など多くの情報を数値で示します。

建築図面の寸法単位はmm(ミリ)です。1mや100cmではなく1,000mmと表します。また寸法には単位を付けないため、図面には単に1,000と書きます。

平面図は建物の外周に対して平行に寸法線を引きます。単純な四角形の建物であれば、南北側は横線、東西側は縦線です。斜めの部分があれば寸法線も斜めになります。立面図ではGLからの床高や軒高、軒の出などを記入します。展開図では開口部や天井高(有効寸法)、建具や設備機器の取り付け位置などを示します。
寸法線は建物の線より細い実線で描き、数値は寸法線の上側に書きます。寸法線が傾いている場合は数字も傾けて書きます。引き出し線は寸法線に対して直角です。交点には小さく黒丸を打ち、スパンごとの寸法と全体の寸法を2段〜3段で表します。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。