デシベルとは、電圧や電力、音の大きさ(音圧)などの物理量のレベル(相対値)を表す単位です。定義には、対数が使用されており、dBの記号で表現できます。電話の発明者グラハム・ベルにちなんだベル(B)の10分の1(デシ)が名称の由来です。もともとは2つの量の比を表すので相対単位ですが、音圧レベルのように一方を基準となる値に定義することで、絶対単位としても使用することが可能です。

また、本来圧力の単位にはPa(パスカル)が使用されますが、音圧にはデシベルが使用されます。圧力の単位は非常に桁数が多いので、わかりやすくする目的があります。人の耳で感じる音の大きさはPaの大きさとは正比例しないのもデシベルを使用する理由です。

百分率と数値の相互変換が可能であったり、大きな数字を表すことに使用するとその数字を少ない桁数で表現することが可能です。

その他、騒音値を表現する際にも使用されます。30dB以下は静か、40dB・50dBは普通、60dB・70dBはうるさい、80dB以上はきわめてうるさいと感じるとされています。建設工事、解体工事は、騒音規制法で規制されており、特定建設作業の基準値は85dBまでと定められています。

【参考動画】

こちらの動画ではデシベルについて解説されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。