3σ(3シグマ)とは、品質管理で使われる考え方の1つである。建築業界だけでなく、製造業などでも導入されている。σ(シグマ)はギリシャ文字。
数学では、統計資料をいくつさんしぐまかの階級に分けた時に、その平均値を中心に正負の値となる度数が同じ程度に分布することを正規分布(またはガウス分布)という。
統計学において、データの散らばり具合を表す指標としてσが使われている。正規分布で用いられる値の1つが3σ(3シグマ)である。
品質管理においては、1.96σ・3σ・6σがよく用いられる。1.96σは全体の約99.5%、3σは約99.7%、6σは約99.999%となる。
ITや人事など、ミスを最小限に抑えたい分野では6σが使われることが多い。その場合は「シックスシグマ」などと表記することもある。ただし、建築で「シックスシグマ」はあまり採用されない。
建築業界では、建築資材の製造などで3σが採用されている。具体的には、不良品の発生率を0.3%以内に抑えることを目標とする場合に3σという指標が使われる。
設計分野でも、3σという考え方が導入されている。コンクリートを打設した場合はコンクリートの強度にばらつきが発生するため、必要とされる強度を上回る確率を3σの範囲内に収まるようにする。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。