土木などの測量で使うスタッフとは、アルミやグラスファイバー製などの長い定規のような物である。標尺や箱尺などとも言う。

釣り竿のように伸縮させて使い、普段は1mほどだが、3~7mくらいまで伸ばして使える。

地面につける底の部分をゼロとして、表側に10cmごとの大きな数字と1cmごとの目盛り、それらと1cmと0.5cmごとに2種類の四角い印が刻まれていることがほとんどである。

裏側は1cmないし1mm単位の目盛りが刻まれているか、等間隔に赤と白に塗り分けてある物が多い。

三脚の上に設置したレベルと呼ばれる測量機器を挟んで2つの地点にスタッフを立てて、2地点の高低差を測る。

レベルとスタッフを使って測量する場合は、スタッフを立てる者とレベルを覗く者の2人で行う。

1人が高さの基準となるベンチマーク(基準点)に立ち、スタッフを垂直になるように前後にゆっくりと揺らしながら立てる。

もう1人がレベルのレンズを覗き、レンズの中央に入っている水平の線に合ったスタッフの最も小さい数値を読み取る。最も数値の小さい時にスタッフが垂直になっていると考えて良い。

スタッフの代わりに、バカ棒と呼ばれる適当な長さに切断して印などを入れた木切れで代用することもある。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。