番線をしめる工具の一種が「シノ」です。そもそも番線とは、建設現場で足場を結束させるための針金のことです。これをきつくしめないと足場は安定しません。高所で作業に入る前には欠かせない段取りなので、そこで用いるシノも非常に重要な工具です。ちなみに、番線をしめること自体は人力でもできます。

しかし、足場向けの「12番線」は径が太く、きつくしめあげるのは人の手だと厄介です。そのため、高所の作業員はシノを常備しています。
先端がとがっているうえ、わずかに曲がっている形状がシノの特徴です。このような形をしているのは、番線に差し込みやすいようにとの工夫があるからです。シノ以外の細長い工具でも番線の結束は不可能ではありません。ただ、サイズが大きいと、現場で扱いにくくなってしまいます。そのため、手軽に使えるコンパクトなシノが重宝される場合も多いのです。なお、シノは番線の結束に特化している工具なので、それだけあっても作業が進みません。そこで、ラチェットレンチとシノが一体化している状態が一般的です。

高所で建築作業を行う「とび職」に、シノは重宝されています。足場が外れると大事故につながってしまうので、とび職にとってシノで番線を結束させる作業はとても大切です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。