建築業界では、スクレーパーという言葉がいろいろな場面で見られる。多くの場合、工具の一種を表す。内装工事などの現場では、スクレーパーが大いに活用されている。ヘラやコテとも呼ばれる工具のことである。汚れやサビ、塗装やクロスなどを剥がす時にスクレーパーが有効。表面を削り落としてフラットに仕上げられる。

表面を削りやすくするため、刃先が薄く平らになっているのが特徴である。持ち手の太さは片手で握れるほどで、刃は先端に向かうほど幅広くなるものが多い。刃先はステンレス製やシリコン製の他、接着剤がこびりつかぬようテフロン加工されたものも。

建築用重機にもスクレーパーと呼ばれるものがある。大別して自走式のモータースクレーパーと、被けん引式のキャリオールスクレーパーの2種類。
前方にバケツのようなものが取り付けられ、地面の凹凸を削り取れるようになっている。主に整地で使われ、スクレーパー1台で掘削・運搬・散土・敷きならしなどが可能。スクレーパーはブルドーザーなどと同じ掘削用の重機として分類されるため、操縦には大型特殊免許や車両系建設機械運転技能講習などが必要となる。
スカイスクレーパーとは、英語で超高層建築物のことをいう。日本語で摩天楼と訳されている。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。