建築においてガッチャという言葉は2つの場面で使われます。

1つは、建設資材となるような荷物をトラックなどに固定するための道具のことです。レバーと2つのフックがついた鎖で構成されています。荷締機・レバーブロック・ワイヤーガチャなどとも呼ばれる。荷物の吊り上げ・下ろしに使うチェーンブロックとは区別されることが多い。

使い方は、まず固定したい物に鎖を通してから、2か所にフックが外れないよう引っ掛ける。その後で、レバーに付いているツマミを切り替えて鎖を固定したら、レバーで鎖を締め上げていく。締め上げ過ぎると荷物などが破損するおそれもあるので、注意が必要。

逆に鎖を緩める時は、ツマミを切り替えてからレバーで緩めます。

もう1つ、屋根を作る工事でもガッチャと呼ばれる工具が使われます。屋根カバー工法において、金属屋根を屋根面に貼り付ける際には、1枚ずつ板金を重ね合わせてから屋根材の部品に板金を挟んで屋根を覆います。その時に、ガッチャと呼ばれる工具で仮止めしておくと屋根材が外れにくくなります。ガッチャで止めておけば雨漏りしにくくなり、その後電動シーマー機(ハゼ締め機とも)で屋根材をしっかり固定できるため、非常に効率的です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。